人と接する求人を探して就職しよう

タクシー運転手の仕事

タクシー運転手としての仕事は、タクシー会社によっても細かく違っていることもありますが、基本的には自分なりに工夫しながら働くことが出来ます。
タクシー会社以外の仕事では、多くの業務と職場を共有しつつ働くといったことが多いです。営業の場合でも、多くの取引先に出向くことがありますが社内での仕事も多いと言えます。
接客業においても基本的に、仕事をする場所は決まっており、変化があまりありません。
タクシー運転手の場合だと毎日運転をする場所が違い、営業戦略を運転手自身で好きに考えて実践する事ができます。
どのルートを走り、どこで待機するのか、どのような客層を狙っていくのか考えることがタクシー運転手の営業戦略です。
またタクシー運転手は一人の時間も多いので、お客を乗せていない場合は自由に出来ることも多いのです。
自由に休憩を取ることができるので、好きな時間に昼食をとっても良いし、雑誌を読んでも、音楽を聴いてリラックスしても良いのです。
しかし、仕事を怠けてしまうこととは別です。
タクシー会社によっては社内にカメラをつけている場合もあります。GPSなどもつけられている車両もあるのです。
勿論お客を乗せたら行き先をタクシー会社まで連絡する必要もあります。

このようにある程度自由ではありますが、拘束されるべきところはきちんと拘束されています。
その中で運転手なりに営業戦略をたて、一日の乗車数をどれだけ伸ばせるか考えることがタクシー運転手として仕事にやりがいを感じるポイントだといえます。